2019年5月27日月曜日

pas babbyがパンクしたのでチューブを交換した

pas babbyの前輪がパンクしたので、パンク修理キットを買いにあさひサイクルに行った。
後から調べて愕然としたのだけれども、100円ショップに売っているのね・・・。
あさひだと≒1000円。タイヤレバーもついてドイツ製らしいけれども。ううむ。

さて、バラす。
フロントなので、チェーンなど駆動周りを気にせずばらせる分、気楽である。
14mmのナットをモンキーで回した(本当はメガネが良いんだろうが、手元にメガネは無かった)。
そこそこ固くは固定されているが、人力で回らないことは無い位のトルク。
上から懸架する形なので(たとえ外れてもいきなり分解して危険になる事は無い)、恐らくそんなにトルクは要らないのだろう。
まあそんなこんなでホイールを取り出して、タイヤを外す。
中からチューブを引っ張り出したのだけれども、このチューブ、縦に10cmくらい裂けていた。
パンク修理のレベルじゃ無い・・・。
見ると過去にパンク修理した跡も発見したので、もう寿命と言うことだろう。

結局あさひサイクルにチューブを買いに行く羽目になった。
pas babbyのチューブのサイズは20インチの太さ2.125というサイズらしい。あさひだと1.75-2.125というものになった。
価格はまたまた≒1000円。
これだけ高いんなら、ホームセンターに買いに行った方が良いかもしれない、と買った後に気付いたのはヒミツである。

さて、組み付けである。
リムテープの交換も必要らしいのだけれども、よく分からなかったので(まあ綺麗だったから交換の必要は無いかなと判断)リムテープは気にせず、チューブの交換をした。

気をつけることは、タイヤレバーでチューブを傷つけないようにすること。
小径のタイヤを組み付けた際に、挟んで破いてしまった。
20インチも大きさがあると、組み付けやすさは半端なかったけれども。
あとは、ブレーキを一度解放しないとタイヤが通らないので、一度ブレーキは解放することになる。
その際に10mmのレンチが必要。
あと、多分自転車界隈では常識なのかも知れないけれども、自転車は上下ひっくり返して修理するのが適当らしい。
自転車軽いから、たしかにそれが良い気がする。

今回使った工具は以下
・10mmのレンチ(小型のものが望ましい)
・14mmのレンチ(大型のものが望ましい)
・六角レンチ(2mm?か3mmとか。サイズ忘れました)(ブレーキカバーを外すため)
・ペンチ(ブレーキワイヤーを引っ張るため)
・タイヤレバー(バイク用の物を使った)

因みに、店で交換するなら工賃は前輪で1000~2000円位なので、チューブと併せると2000~3000円。後輪なら工賃が倍になると思えば良いので、3000~5000円位になる。
持っていけるなら、または時間が許すなら、店に持ち込んだ方が良いだろう。
ただ、空気が入っていない自転車を移動させるのは至難の業なので、工具があるなら(そして前輪なら)自分でこなした方が良いとも思う。
また、後輪だったら、意地でもパンク修理キットでパッチを当てまくって、無理矢理自走して自転車屋に持ち込むのが良いと思う。
流石に駆動輪をいじるのは時間とのトレードオフにしてもというところ。

そこそこ工具は持っていた方が良いなあ。
工具があったからこそ自分でやろうという気にもなったし。

2019年5月22日水曜日

サイダーガール

音楽性は良い。凄く良い。聞いた感じでキャッチー。ただ、それについていけていない絶望的な歌詞はどうにかした方が良い。
ポルカドットスティングレイみたいに、才能が涸れた感は全く無いだけに残念。

香水関係ブログ(メモ)

http://godcodpod.hatenadiary.jp/
表現が面白かったり。上手い。

https://lpt.hateblo.jp/
多分界隈では有名そうな感じ。リアルイベントにはいってみたい。

2019年5月10日金曜日

BOUDOIRを探して(ブドワールに似た香水を手に入れる)

boudoirという、vivienne westwoodの香水があった。
あった、というのは、既に廃盤になっているからである。
ヴィヴィアンウェストウッドの海外サイトにも、既にパヒューム欄が無いので、完全に手を引いたようである。

僕はブドワールが兎に角好きだった。
パウダリーでフローラル、そしてアルデヒドっぽいスパイシーな感じもある、
簡単に言うと「化粧品をつけまくったアニマルプリント大好きおばさんと
全裸で毛皮をまとったセックスアピールが半端ない超美人モデルの」香り。
要は、まとう人によって評価が両極端になってしまう香水である。

そんなブドワール愛好者としては、このまま「自分の香り」が無くなってしまうのは非常に拙い。
いつの間にか廃盤になっていたので、また様々な香水を転々としていく「香水ジプシー」になるしかないのも嫌である。
そこで、「インターネッツ」を覗いて似た香りの香水を探ってみたところ、

ナルシソロドリゲスのフォーハーが似ているとのこと。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12168301172
だが、これは全く似ていなかった。ブドワールをなんだと思っているんだ。

次に、ドルチェ&ガッバーナのDolce&Gabbana for women
https://www.fragrantica.com/board/viewtopic.php?id=21003&show=all
https://item.rakuten.co.jp/viporte/0737052074610/
ドルチェ&ガッバーナ プールファム EDT オードトワレ SP 100ml
これはサンプルが無く、断念。edpは無いのか?

池袋西武の香水売り場で勧められたのが
メゾンフランシスクルジャン グランソワール
https://www.latelierdesparfums.jp/grand-soir-edp-spray-70ml
さすが売り場の人、かなり近い。これを購入した。
ただ、後に引くウッディな、シダーっぽい感じ?が何ともいえない。もっと甘ったるい方が好みである。
店員さんは山本さんという方で、boudoirの代わりを探していると伝えると、真っ先にこれを勧められた。
税抜27000円程度と高めだが、後述する内容含めてブドワールとのコスパはさほど変わらない。

別の売り子さんがお勧めしてくれたのが、グッチのギルティ アブソリュート
https://www.latelierdesparfums.jp/gucci-guilty-absolute-pour-femme-edp-spray-90ml
分からなくは無い、けど違う香り。とても同系統とは言えないが、悪くは無い。
フローラル感はあるけれども、その下に敷いた香りが無い感じ。
一般的には、夜以外でも使えるから好まれる、みたいな評価になるのではないか。

これも別の売り子さんがお勧めしてくれたもので、
PENHALIGON'S(ペンハリガン)のローイングラドクリフ
https://www.latelierdesparfums.jp/ptr-r-radcliff-edp-spray-75ml
香水にストーリーを持たせたみたいで
https://www.latelierdesparfums.jp/campaign/penhaligons/portraits-collection/index.html
という特設サイトもある。
これもかなり近い。ブドワールからフローラル感を無くしたら、多分こうなる、というもの。
ただ、値段がふざけたことになっているので(税抜きで34000円)、
だったらプレミアが付いたブドワールを買うのも悪くない選択肢になってしまう。
保存状態が分からないので博打は博打だけれども・・・。
また、この「フローラル感」というのが大事だったりするので、まだグランソワールの方が近いと思える。

ということで、グランソワールのレビューになる。
まず、件の山本さんも仰有っていたが、兎に角成分的に強い。
持続時間が半端なく長いのである。
ワンプッシュで最低10時間は保ってしまうので、逆に言えば付けすぎると(周りが)地獄である。
ブドワールとの違いはこれだろう。ブドワールも大概だったけれども、これはそれに輪をかける。
ブドワールは6~8時間前後なので、普通のEDPと言えるけれども、グランソワールの長さには敵わない。
グランソワールは、高いだけあって材が良いとも言える。
ブドワールで3プッシュ(!)だったのを、1プッシュに変えて丁度良いくらいなので、
手首にワンプッシュし、そのまま首と腰に叩いてやれば終了である。
また、食事をしにいくのであれば、特に日本食には避けたい香りである(ブドワールもそうである)。
バニラとアンバーが結構来る。ミドル~ラストはフローラルが立つわけではない(どちらかというとウッディ)。
逆にパーティやバー等、華やかな場所か演出する場所にはもってこいで、これはブドワールと同様。

後々はローイングラドクリフも、フローラルさを足せばかなり近いので、こちらも試してみたい。
強いて言えば、ローイングラドクリフは、ストーリーがある企画ものなので、消える可能性が結構あるのではないかと思ってはいる。

余談
香水は体臭を金で買うものだと思っているので、自分の体臭が廃盤になってしまう、というのは言葉的な面白さがあるなあ。

追記
ブドワールと似た香りを探していたのだけれども、grand soirの方が好きになってしまった。
流石天才調香家。最後に残る、パウダリーな甘いアンバーの香りが本当に何とも言えない。
で、ペンハリガンのローイングラドクリフも試してみたが、これは全く頂けなかった。
フローラルが無いのは分かっていたが、比喩的な意味でも「華が無い」。
トップノートはやる気を見せるが、その後はさっぱり目鼻立ちが無く、重いのか軽いのか、どうしたいのかが見えてこなかった。

2019年4月27日土曜日

久しぶりに見てドン引きしたコラム

どん引きしたので、反面教師としてメモ。
https://utaten.com/specialArticle/index/3480

フレデリックでニュース検索したら、
 【歌詞コラム】フレデリック「TOGENKYO」なぜユートピアでなく桃源...
と出た。
見てみると歌詞考察らしいが、内容がおかしい。
ユートピア?TOGENKYOにはユートピアなんて歌詞は無かったはずである。
で、見てみると、何故か桃源郷とユートピアの違いについて、あたかもそれがメインのように書いてあってどん引きした。

歌詞の考察など、書いた本人でない限り解釈に幅があるのは分かる。ただ、無いものを引っ張ってくるのはルール違反である。更に表題に持ってくるのは狂気の沙汰だ。
単純に、論拠の薄さをカバーしようとして、逆にどつぼにはまっているのである。
推察するしかない歌詞考察に、更に不確定要素を持ち込んでいるのである。

解釈も驚くほど薄っぺらいので、「好意的に解釈すると」多分好きでもないのに依頼されて、なんとかひねり出したんだろうなあと推察するが、疑似科学のような心証になるので、こういう話の回し方はやめた方が良いだろうなあ。

#大体もし結論を付けるのであれば、歌詞の内容は多分に「ユートピア的」なので、作詞者は桃源郷とユートピアを同一視しているとか、そっちになるのになあ。 可笑しいなあ。

2019年4月19日金曜日

電話営業のテンプレ

お忙しいところ恐れ入ります。
私「会社名」の「担当者名」と申しますが、「ターゲット」様のお電話でお間違いないでしょうか。
本日はご新居の電気水道ガスなどの無料代行手続きの件でお電話させて頂きました。
また改めて、お電話させて頂きますが、こちらのメッセージ、お聞き頂けましたら、大変恐縮では御座いますが、折り返し頂ければ幸いです。
お忙しい時間帯に失礼致しました。

引っ越ししてから1週間以上経っても永遠に電話し続けてくる営業電話の留守電。恐らく会話するまでかけ続けてくるし、ネットを見ていると、会話してもかけ続けてくるらしい。
テレアポの人にはその仕事を維持するために、僕は「絶対出ない」という選択肢を採ろうと思う。

2019年4月18日木曜日

mamorioですれ違えない

何というか、まだまだなんだなあと思うことである。
都内で一番広範囲にあるヨドバシカメラ群に行く機会があり、mamorioユーザーとどの位すれ違えるか期待していたのに、帰りに見た数は3。
現バージョンだと見つけた数に自分の登録しているmamorioがカウントされるから、実質1。
mamorio売り場にもいたのに、この数ということは、まだ数的には普及していないのだろう。
都内を車で巡回していても、せいぜい1個見つかれば良い方なので、受信範囲の狭さとスキャン速度の遅さも関係していそうである。

別にmamorio自体が普及しなくてもアンテナ数だけ確保されていれば、ユーザとしては問題ないのだけれども、あんまりアンテナも広げる気は無いようなので(PC版はBTアンテナにはなれないし、ルータは有償提供。シェアを持っているnecなりバッファローなりと提携して、usbポート経由でBTアンテナをオプションとして動くようにすれば良いのに)、結局「保険の保険」でしかない様相。
不謹慎だけど、mamorioを持った人が行方不明になって、アンテナアプリインストールを懇願されるニュースが流れるか、突然「テレビメディアで」超有名人が愛用宣言する位ないと、広がらないだろうなあ。
アンテナのスキャン速度が上がるか、受信範囲が広くなれば、学校や施設の登校・来館チェックという未来もあるので、頑張って欲しいなあ。