2016年12月10日土曜日

Let's note SZ5(2016年夏モデル)のSSDを1TBに換装する

 Let's note SZ5を調達したが、内蔵のSSDが貧弱(256GB)だったのでcrucialの1TBに換装した顛末。

まず、Let's note SZ5の内蔵SSDは、M.2規格であること。
切っ欠けによって、BキーとMキーがあるが、最近売ってるのは両対応なので(切っ欠けが2つある)、問題ない。
基盤上ではMキーかな。

で、とにかく大きいサイズのssdを積みたかったので、価格コムで調べたところ、
MX300 CT1050MX300SSD4が安かったので購入。1TB(1050GBモデル)で31500円。

また、今回はシステム丸っとクローン化しようと思うので、外付けM.2ドライブも購入。
 1200円と安いが、見た目から湧き上がる中国臭。うちでは使えた。

まずはレッツノートを起動させ、Acronis True Image HD(うちは2015だった)をダウンロード、インストール。

Acronis True Image HDを起動させる。ユーザ登録の上、付属してきたシリアルを入力しないと先に進めないので注意。 
で、クローンを選んでから、手動でパーティション選択。自動だと、末尾にあるパーティションに余剰が全振りされてしまう。もともとのパーティションごとの容量は把握しておくこと。
で、Acronis True Image HDは、Cドライブの大きさを変更できないので、これも注意。まあ、Acronis True Image HDを使うならば、増えた分は別ドライブとして使うことになる。
  

換装方法は、https://www.ikt-s.com/lets-note-cf-sz5-type2280-ssd/ を参考にした。
注意点は、
  • ねじの形状やサイズが場所によって違うので、外したら穴の近くにマスキングテープで貼るなどして、忘れないようにする
  • バッテリー側に白いテープが貼ってある(封印)が、基本きれいにはがせないので、いっそのことカッターで切ってしまうといい(切ったら保障が効かなくなるので注意)
  • 力を入れなくてもパカット外れる。力を入れなければならない場合は、シールのとり忘れかねじのはずし忘れ
  • ねじは全部外す。たまに脚部分を忘れる
  • 元々ついているM.2の裏に、白いスペーサーがついているがはがせなかった。伝導体ではなさそうなので大丈夫とは思うが、気になる人は絶縁フィルムと緩衝材をかませたほうがいいかも。
こんなところかな。何かあったら追記予定。
換装自体はすごく簡単なので、保証が効かなくてもいいなら変えてしまったほうがいいと思う。

で、この作業をやる前に、不安なのでいろいろ見てまわったところ、
http://www3.millionwaves.com/diary/2384
を見てしまった。
今となっては「この人何を言っているんだろう」としか言えない記事だが、全部買ってしまった後だったので冷や汗が止まらなかった。
そもそもよくわからない文言が並んでいるのに。
UltraBook系のSSDを採用しているので
なにそれ。。。?
TLC型の消耗しやすいフラッシュメモリーを搭載
言いたいことは分かるけど、そしてたしかに乗っかってるのはsamsungだけど。
原価1~2万円の廉価品なので、貧弱
いや、原価それだったら高級品なんじゃないかな。。。

 記事を取り下げるなり、訂正入れるなりしてほしいものですねえ。まあ、もう見ないけど。。。
 パナソニックの(というかletsnoteの)品質が落ちていっているのは事実。ただ、選択肢がないのも現実。
なんとか頑張ってほしい。

ディスク容量1TBは快適です、ええ。

0 件のコメント:

コメントを投稿